5年生 笑顔いっぱい

 教育実習生とのお別れの1日を涙と笑顔で過ごした5年生。朝の音楽集会では,実習生の先生に笑顔で手を振り,各学級のお別れ会では,実習生の先生も自分たちも楽しむことを考えて,工夫いっぱいの時間を過ごしました。手紙を渡すときには涙が流れる場面もありましたが,「みなさんの笑顔と元気に力をもらいました」という実習生の先生のことばのとおり,笑顔いっぱいの1日になりました。

2年生 みんなでいもほり

 10月7日(月)・8日(火),附属特別支援学校の生徒と共にいもほりが実施されました。5月のつるさしから半年。どのくらい大きくなっているのか,楽しみにしながら,附特のペアの子と一緒にいもほりを行いました。

 少し久しぶりの再会となったペアと,最初は照れくさそうにしていました。しかし,すぐに打ち解け,手をつなぎながら苗まで歩いていったり,協力しながら土を掘ったり,大きないもが出てきたときには一緒に喜んだり,笑顔いっぱいにいもほりを一緒に楽しむことができました。

 次は収穫祭が待っています。一緒においしいおいもを食べたい,もっともっと附特のペアと仲よくなりたい,と願う子どもたちから,おいもさんと共に心の成長も感じました。

3年生 音楽集会に向けて始動!

9月末の運動会で,本氣と笑顔で『一天濤快』のダンスを披露した3年生。次は,11月の音楽集会に向けて動き始めました。

実行委員を中心に行われた学年集会では,音楽集会のスローガン『仲間とともにとどけよう!笑顔と歌声を!』を披露した後,「どんな音楽集会にしたいか」について学年スピーチをしました。そのなかで,「自分たちが楽しめば,全校のみんなや家族も楽しんでくれる。」「みんなで力を合わせて,3年生の思いを伝えたい。」「曲の明るさを口の開け方や踊りで表したい。」など,「協力する大切さ」や「相手を喜ばせたいという思い」が語られました。

次の日の学年練習では,最初は遠慮している様子も見られましたが,実習生や担任の先生の歌声の披露を見て,笑顔と体いっぱいの振り付けでうたう姿が広がりました。これから3週間,3年生全員が一つになって,笑顔と歌声を届けていきたいです。

女子ソフトボール部 チーム一丸となって戦いました

女子ソフトボール部の大会が行われました。

ボールの投げ方やバットの振り方がわからないところからのスタートでしたが,今日の試合では,4人の6年生が中心となり,みんなで声をかけ合い,笑顔を絶やさず,最後までチーム一丸となって戦うことができました。

1つのアウトをとる度に,選手も,応援に来てくださった保護者や先生方も一緒になって喜び,チームプレーの楽しさや大切さを感じることができました。

選手のみなさん,本当によくがんばりました。

保護者の皆様には,今日の大会を迎えるまでに,休日を使って練習をしていただいたり,子どもたちの身体のケアをしていただいたり等,強力なサポートをしていただきありがとうございました。心より感謝を申し上げます。

男子ソフトボール部 最後まで粘り強く戦いました!

男子ソフトボール部の試合が行われました。

経験者が少なく,ルールを覚えるところからスタートした男子ソフトボール部でしたが,今日の試合では,相手に臆することなく最後まで堂々と戦い抜きました。一つのアウトをとるたびに,全員で声をかけあって喜んだり,途中出場の6年生がファールで粘ると,声がかれるほどの声援を送ったりと『チーム力』を見せてくれました。本当に楽しい1時間20分でした。

最後のミーティングでキャプテンが語ったことば

「このメンバーでやってこれて本当に楽しかったし,キャプテンをやって本当によかったなあって思います。ありがとうございました。」

仲間への感謝のことばを語るキャプテンに対して,自然と拍手を送る仲間の姿がそこにはありました。

また,多くの方に応援に駆けつけていただき,大きな力になりました。ありがとうございました。

3・4年生 みんなで6輪の笑顔をさかせよう

 秋の大運動会前の最後の練習をしました。2日前の予行演習後の練習のなかで,ある3年生の子どもから「もっとペアと一緒に踊れる踊りをやりたい」という提案が出されました。また,「あと2日だけど,踊りながら声を出すのもやってみたい。」という積極的な姿が見られました。子どもたちの声を受けて,新たにペアと向き合う踊りを取り入れたり,かけ声を入れる場面を取り入れたりしました。中学年の子どもたちが,運動会本番に向けて,もっとペアと一緒に踊りたい,もっといい踊りにしたい,という思いでいてくれることが嬉しかったです。

 最後の連取でフィナーレの決めポーズを終えたときは,たくさんの笑顔が輝いていました。運動会本番の「全力の姿」「6輪の笑顔」に期待しています。

3年生 光と笑顔が輝くステンドグラス

 3年生は,今年のおかざきっ子展のテーマ「ここcolorつながるストーリー!」に合わせて,理科の授業で学習してきた,季節の植物や校内の昆虫の観察,ヒマワリやホウセンカの栽培体験をもとに,ステンドグラスで「いるといいな!あるといいな!光かがやく虫と花」をつくりました。下描きをもとに,アクリル板の上に,細いチューブに入った絵の具で輪郭を描いたり,赤・黄・青の三原色で色づけしたりしていきました。「青色と黄色を混ぜると,緑色になったよ。」「絵の具を多めに着けて木のゴツゴツした感じを表したよ。」「主人公のカブト虫を真ん中に大きく表して目立たせたよ。」など,色を混ぜたり,重ねたり,にじませたりと,ステンドグラスの“いろイロ色”な技をいかして,光も笑顔も輝く素敵なステンドグラスの作品ができました。

2年生 元気いっぱい 笑顔いっぱい

 「えがおのかいぞくだん」たちは,大きな波や渦を乗り越え,大きな動きや大きな声でRPGを踊ることで鍵を手に入れてきました。「鍵を手に入れたい」「宝がどんなものが楽しみ」と言いながら,一生懸命に踊っています。また,今年は2年生となり,1年生に「立つんだよ」と指示をしたり,「行くよ」と隊形移動を手をつなぎながら移動したりする姿からは,お兄さんお姉さんとなったことを自覚し,自分がしっかりしてがんばろうとする気持ちを感じます。数々の島をに伝わる踊りを覚え,ペアとの仲も深まり,いよいよ宝島に到着です。今まで一緒に踊ってきたRPGで,力を合わせて最後の宝箱をゲットしに出航じゃ~!!

3・4年生 どんどんマスターしてるよ

 今週も,運動会の表現演技『一天とう快』に全力で取り組んだ3・4年生。ひと通りの動きを覚えてからは,「手を上や横に動かすところをもっと合わせたい。」「もっと手の方を見るように意識してやりたい。」など,自分たちから「この部分をもっと練習したい!」という気持ちを高めて取り組む姿が見られます。また,ペア学級の仲間の演技を見て,アドバイスをしたり,よさを見つけて伝え合ったりして,自分の動きに生かそうとしています。ある3年生は,4年生の演技を見て,「すごいキレがあってきれいに見える!」「手の方に顔を向けていたり,手のひらが外側を向いていたりして,真似したい!」と感動していました。

 何より,暑いなかで汗をたくさんかきながらも,楽しそうな表情で踊っている姿が印象的です。運動会テーマの「6輪の笑顔」が子どもたちの姿に重なって見えました。来週は,外に出ての隊形練習に入ります。ペアとの動きも増えてきます。これからも,互いにどんどんレベルアップしていってほしいです。

 

2年生 みんなえがおかがやく海ぞくだん

 28日(土)に行われる秋の大運動会。1・2年生の表現演技の練習が6日から始まりました。

 兄姉海賊のキムキムとトモリン。そして,伝説の海賊キャプテンG。1・2年生は笑顔輝く海賊団となり,キムキムたちの仲間として,ふぞく島を出航し,宝探しの旅が始まりました。

 宝を手に入れるためには,7つの鍵が必要。宝がある宝島に到着するまでに,鍵を手に入れるために,それぞれの島を通過しなければなりません。そして,海賊の証である冒険の歌『RPG』を踊れなければ,その鍵を手に入れることができません。

 さあ!1・2年生の笑顔輝く海賊団たち。笑顔いっぱいに『RPG』を踊り,7つの鍵を手に入れて,みんなで宝を手に入れよう!