5年生 本氣の走りで

 2・5年生の試走会が,秋晴れのなか行われました。スタート前に少し緊張していた顔も,走り出したら真剣。自分の決めた目標を胸に,一人一人が自分とたたかいながらゴールをめざしました。2年生の応援もあって,本氣で走り抜いた5年生。マラソン大会本番に向けて,新たに目標を決めてがんばってくれることを期待します。

2年生 もみじかけ足 がんばるぞ

 もみじかけ足がスタートしました。「7週走るぞ」と目標をもって取り組んでいる子や,「たくさん抜かせた」と目の前の人を抜かそうとがんばる子など,それぞれ意欲をもって走っていました。少しでもよい順位がとりたい,学級で優勝したい,という気持ちが伝わってきました。また,隣同士で声をかけあってがんばる姿からは,マラソンが苦手でも仲間とがんばろうとする様子がうかがえました。14日(木)には試走があります。試走でよい順位がとれるように,最後まで走りきれるように,それぞれの目標をもってがんばれるよう,支えていきたいと思います。

3年生 仲間と届けたよ!笑顔と歌声を!

 5年生,2年生,4年生から受け継いだ3色の虹のアーチに,3年生の思いを新たにかけようと,音楽集会で『パフ』(リコーダー演奏と英語による斉唱)と『アララの呪文』(振りつけを加えた斉唱)を発表しました。3年生から習い始めたリコーダーは,特に低いファとミの出し方に気をつけて練習してきた成果が出て,息も音もぴったりでした。最初は歌詞カードに頼っていた英語の歌詞も,自信をもって指揮者を見てうたうことができました。また,ちびまる子ちゃんでおなじみの『アララの呪文』は,子どもたちも大好きな曲です。自分たちで考えた振りつけを交えながら,明るく楽しい曲の気持ちを伝えようと,笑顔いっぱいでうたいました。103人全員で桃色の『やさしさ』のアーチをかけて,次の6年生へと5色の虹をたくしました

4年生 もみじかけ足スタート!

 11月27日(水)に行われるマラソン大会に向けて,今日からいよいよ「もみじかけ足」が始まりました。運動場に全校児童が集まり,大きな声で準備運動を行ってから走りました。一人で長い距離を走るのは苦しいですが,仲間と一緒にがんばっていると,自然に足が動き,最後までペースを緩めずに走りきっていました。マラソン大会本番でも,全員がベストを尽くして走りきることを願っています。

2年生 みんなでいもほり

 10月7日(月)・8日(火),附属特別支援学校の生徒と共にいもほりが実施されました。5月のつるさしから半年。どのくらい大きくなっているのか,楽しみにしながら,附特のペアの子と一緒にいもほりを行いました。

 少し久しぶりの再会となったペアと,最初は照れくさそうにしていました。しかし,すぐに打ち解け,手をつなぎながら苗まで歩いていったり,協力しながら土を掘ったり,大きないもが出てきたときには一緒に喜んだり,笑顔いっぱいにいもほりを一緒に楽しむことができました。

 次は収穫祭が待っています。一緒においしいおいもを食べたい,もっともっと附特のペアと仲よくなりたい,と願う子どもたちから,おいもさんと共に心の成長も感じました。

3年生 音楽集会に向けて始動!

9月末の運動会で,本氣と笑顔で『一天濤快』のダンスを披露した3年生。次は,11月の音楽集会に向けて動き始めました。

実行委員を中心に行われた学年集会では,音楽集会のスローガン『仲間とともにとどけよう!笑顔と歌声を!』を披露した後,「どんな音楽集会にしたいか」について学年スピーチをしました。そのなかで,「自分たちが楽しめば,全校のみんなや家族も楽しんでくれる。」「みんなで力を合わせて,3年生の思いを伝えたい。」「曲の明るさを口の開け方や踊りで表したい。」など,「協力する大切さ」や「相手を喜ばせたいという思い」が語られました。

次の日の学年練習では,最初は遠慮している様子も見られましたが,実習生や担任の先生の歌声の披露を見て,笑顔と体いっぱいの振り付けでうたう姿が広がりました。これから3週間,3年生全員が一つになって,笑顔と歌声を届けていきたいです。

女子ソフトボール部 チーム一丸となって戦いました

女子ソフトボール部の大会が行われました。

ボールの投げ方やバットの振り方がわからないところからのスタートでしたが,今日の試合では,4人の6年生が中心となり,みんなで声をかけ合い,笑顔を絶やさず,最後までチーム一丸となって戦うことができました。

1つのアウトをとる度に,選手も,応援に来てくださった保護者や先生方も一緒になって喜び,チームプレーの楽しさや大切さを感じることができました。

選手のみなさん,本当によくがんばりました。

保護者の皆様には,今日の大会を迎えるまでに,休日を使って練習をしていただいたり,子どもたちの身体のケアをしていただいたり等,強力なサポートをしていただきありがとうございました。心より感謝を申し上げます。

男子ソフトボール部 最後まで粘り強く戦いました!

男子ソフトボール部の試合が行われました。

経験者が少なく,ルールを覚えるところからスタートした男子ソフトボール部でしたが,今日の試合では,相手に臆することなく最後まで堂々と戦い抜きました。一つのアウトをとるたびに,全員で声をかけあって喜んだり,途中出場の6年生がファールで粘ると,声がかれるほどの声援を送ったりと『チーム力』を見せてくれました。本当に楽しい1時間20分でした。

最後のミーティングでキャプテンが語ったことば

「このメンバーでやってこれて本当に楽しかったし,キャプテンをやって本当によかったなあって思います。ありがとうございました。」

仲間への感謝のことばを語るキャプテンに対して,自然と拍手を送る仲間の姿がそこにはありました。

また,多くの方に応援に駆けつけていただき,大きな力になりました。ありがとうございました。

3・4年生 みんなで6輪の笑顔をさかせよう

 秋の大運動会前の最後の練習をしました。2日前の予行演習後の練習のなかで,ある3年生の子どもから「もっとペアと一緒に踊れる踊りをやりたい」という提案が出されました。また,「あと2日だけど,踊りながら声を出すのもやってみたい。」という積極的な姿が見られました。子どもたちの声を受けて,新たにペアと向き合う踊りを取り入れたり,かけ声を入れる場面を取り入れたりしました。中学年の子どもたちが,運動会本番に向けて,もっとペアと一緒に踊りたい,もっといい踊りにしたい,という思いでいてくれることが嬉しかったです。

 最後の連取でフィナーレの決めポーズを終えたときは,たくさんの笑顔が輝いていました。運動会本番の「全力の姿」「6輪の笑顔」に期待しています。

3年生 光と笑顔が輝くステンドグラス

 3年生は,今年のおかざきっ子展のテーマ「ここcolorつながるストーリー!」に合わせて,理科の授業で学習してきた,季節の植物や校内の昆虫の観察,ヒマワリやホウセンカの栽培体験をもとに,ステンドグラスで「いるといいな!あるといいな!光かがやく虫と花」をつくりました。下描きをもとに,アクリル板の上に,細いチューブに入った絵の具で輪郭を描いたり,赤・黄・青の三原色で色づけしたりしていきました。「青色と黄色を混ぜると,緑色になったよ。」「絵の具を多めに着けて木のゴツゴツした感じを表したよ。」「主人公のカブト虫を真ん中に大きく表して目立たせたよ。」など,色を混ぜたり,重ねたり,にじませたりと,ステンドグラスの“いろイロ色”な技をいかして,光も笑顔も輝く素敵なステンドグラスの作品ができました。